top of page
  • 執筆者の写真安積彰

【種子骨障害】

歩いている時、また運動をしている時に足の親指のつけ根(裏側)が痛くなったことはありませんか?

もしかしたら種子骨障害かもしれません!

「種子骨炎」ともいいます。

<原因>

ダッシュやジャンプが多いスポーツをしている

よく裸足で歩く

ヒールを履くことが多い

外反母趾がある などなど


足の親指は歩く、走る時に過度なストレスがかかります。

地面からの反発を常に受けておりますので、炎症や痛みが起こりやすいです。


<施術方法>

足底部の柔軟性を高める

テーピングをまく

アイシングを行う


種子骨障害(炎)は保存療法がメインになり、整骨院でも施術が可能です。

日常生活や部活動などで痛みを少しでも軽減したい方や、完治を望まれている方はお気軽にご相談下さい。

当院公式LINEからがとても便利です。


閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page