• 安積彰

熱中症について


特に今年は異常な程に梅雨明けがはやく、もうすでに夏が来ている感じです!!


今回は熱中症対策の一つとして、水分補給の大切さをご紹介します。

ただ水分だけを摂取するのではなく、どのようなもの? どのタイミング? どのくらいの量?を簡単にアドバイスしたいと思います。


私たちの体は60%以上が水分でできています。ですので水分補給はとても大切ですし、この時期は疎かにしてしまうと命の危険性も出てきます。


5%失う → 脱水症状や熱中症の症状があらわれる

10%失う → 筋肉のけいれん、意識障害があらわれる

20%失う → 死のリスクが高くなる


運動、スポーツをされている時はOS-1ドリンクがおすすめです。

炎天下の中で激しいスポーツをされている方は一口または二口程度をこまめに摂取して下さい。


お仕事をされている方や家事をされている方は水だけではなく、スポーツドリンクを少し薄めてコップ一杯ほど飲むと良いでしょう!スポーツドリンクは少し糖分が多いのでジュース感覚で飲んでしまうと逆にのどが渇いてしまいます。


この時期1時間以上水分をとっておらず、のどが渇いたなと思ったらすぐに水分を摂取しましょう!人はのどが渇いたと思った時点で軽い脱水症状が出現しています。

運動をしていなくてものどが渇いた暑いのに汗が出ないめまいがするといった体のサインは危険ですのですぐに涼しい場所に移動し、ゆっくり水分を摂取して下さい。


大人の方は、アルコールの取りすぎは危険です。

アルコールは水分ではありません

夏のビールは美味しいですが、アルコールには利尿作用があり体の水分を減らしていきます。

目安として、ビール10本で11本分の水分が出ていきます!!


くれぐれも気を付けて下さいね!






閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

腰痛